「Days Gone」レビュー

PS4専用ソフト、オープンワールドサバイバルゾンビ系三人称視点アクション「DAYS GONE」のレビューです。

 世界観とストーリー

パンデミックが起こり、ゾンビ化した感染者(フリーカー)だけではなく、野盗などが蔓延る荒廃した世界が舞台です。

ストーリーは大きく分けて前半と後半で構成されていて、後半になるに連れハラハラさせられるような内容です。主人公の性格は”感染者が元々人間だから”というような同情はなく、変にためらうことがないので清々しく感じるストーリーの展開でした。

育成システムと拠点

クエストを完了させたり、敵を倒すことで経験値が貯まり、様々なスキルを修得できます。その他に特定のアイテムを見つけることで、スタミナやHPの上限を上げられます。

人が集まる拠点がいくつか存在していて、拠点の信頼レベルを上げたり、クエストのタスクを完了することで新たな武器の開放やバイクの改造が可能になります。

それぞれの拠点ではクレジット(通貨)が異なるので、稼ぐ場所を考慮する必要があります。キャラクターの強化システムはそれほど種類はなく、若干物足りなさを感じました。

オープンワールドとバイク

オープンワールドならではの要素として、敵拠点の制圧があります。これもフリーカーの住処だけではなく、敵対する人間の拠点を襲撃することができます。

フリーカーと野盗も敵対関係にあるので、うまく敵同士を戦わせることで攻略を楽に進めるができます。その他にも動物が襲いかかって来ますので注意です。

オープンワールドではありますが、そこまでの広さを感じなかったのは、バイク移動が基本で、木などの障害物があるので道以外通ることがほとんどなかったからでしょうか。

バイクを置いて徒歩は可能ですが、バイクに耐久性があったりバイクの近くにいないとファストトラベルができないので、あまりバイクから離れたくなということが念頭にあり、他のオープンワールドのゲームのように自由に歩き回ることができなかったです。

だからといって狭いということは全く、十分楽しめる広さだと思います。

まとめ

セーブデータにプレイ時間書いてなかったのではっきりはわかりませんが、それなりのボリュームはあります。5、60時間くらいはプレイしたと思います。クリア後も自由に歩き回ることもできますし、クリア後でもクエストが発生しました。ストーリーモードに難易度選択が6段階あったり、チャレンジモードもあるので長く遊べると思います。

大量のフリーカーに追いかけられながら、火炎瓶や爆弾で倒すのがスリルと爽快感があって癖になります。

【PS4】Days Gone Value Selection 【CEROレーティング「Z」】

【PS4】Days Gone Value Selection 【CEROレーティング「Z」】

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ソニー・インタラクティブエンタテインメント
  • 発売日: 2019/11/28
  • メディア: Video Game
タイトルとURLをコピーしました