最近は畑の野菜を売るよりも魚介で金策を行っています。野菜だけでは時間も掛かりますし、序盤の金策には難しいですが、現在は魚介類を売って1日に2,000~3,000円稼いでいます。

 

序盤では釣りは難しく、敬遠されてる方もいらっしゃるかもしれませんが、釣りざおスキルが上げるにつれて新しい竿や釣具を購入することができ、釣りやすくなります。

釣りエサで時間短縮

まずは「竹の釣竿」で釣りざおスキルを上げて、釣りエサを付けれる「ファイバーグラスの釣竿」を買いましょう。釣りエサを付けることにより、食いつきが良くなりますので、一日に釣れる量が増えます。釣りエサは鉱山にいる虫を倒して「虫の肉」から作ることができます。「虫の肉」一つで5個の釣りエサを作れます。

釣具が装備できる釣竿が購入可能になると更に釣りやすくなります。

カニかごで更に収入アップ

釣りざおスキルを上げると「カニかご」を作れるようになります。

「カニかご」は仕掛けた翌日に獲物を収集する仕組みになっています。ここでも釣りエサを使いますので、「虫の肉」は多めに貯めておくと良いかもしれません。

「カニカゴ」の材料は「木材40」「鉄ののべ棒3」なのでそれほど難しくはありません。

釣り場は海辺が最適

金策のための釣り場は、魚を直接売ることができる店の目の前が最適です。アイテムが魚で一杯になってしまったら、すぐに売ることができますので便利ですね。「カニかご」も、ここに仕掛けて置けば一石二鳥です。

ゴミを釣っても無駄にならない

度々、釣りでもカニかごでもゴミが釣れてしまいます。そんな時は「リサイクルマシン」です。釣りざおスキルレベル4で作成できます。釣れたゴミを「リサイクルマシン」に入れることで素材を入手できます。

何が手に入るかは、ご自身でお確かめください。

まとめ

まだまだ、私の牧場はニワトリ一匹しかいない状態です。私は攻略サイト等は見ませんので、もしかしたら他に効率の良い方法があるかもしれません。このぐらいのゆるい情報をお求めで、金策にお困りの方は試してみてはいかがでしょうか。