2018年3月21日発売。「戦場のヴァルキュリア」シリーズ4作目。据え置き機ではPlayStation3で発売した、初代「戦場のヴァルキュリア」以来です。その『戦場のヴァルキュリア4』の序盤をプレイした感想を書いてみました。

ストーリー

「ガリア公国ハーフェン」を帝国軍に焼かれ、故郷を失った若者たちは、自らが連邦軍の兵として志願した。主にガリア出身者で編成され、「ハーフェン」出身者が要となっている「E小隊」。主人公の「クロード」が率いる「E小隊」が、大規模作戦「ノーザンクロス作戦」を遂行するために帝国へ進軍する。

まだまだ序盤なのでストーリーはどうなるか・・・

戦場のヴァルキュリアの1作目は最後までプレイしましたが、2と3は途中で辞めてしまったのでストーリーの繋がりはわかりませんが、今のところは問題なく遊べています。

「BLiTZ」と「CANVAS」

戦場のヴァルキュリアといえば、「BLiTZ」と「CANVAS」この2つが特徴的であります。

「BLiTZ」とは

個人的にはターン制3Dストラテジーゲームの正当進化した形が「BLiTZ」だと思っています。

よく考えてから行動しないとやられてしまいます・・・

戦場のヴァルキュリアではフィールドで自由に動き回ることができ、土のうや草むらに隠れて相手の攻撃から身を守ったり、逆にオブジェクトを壊して相手を不利にしたり、自由度が高くフィールドにある地形や障害物を戦略的に利用できます。

キャラクター一人一人に兵科が割り当てられていて、偵察兵や狙撃兵などが存在し、それぞれの特徴を活かした戦い方を考えなくてはいけない。戦車は攻撃威力もあり、歩兵の盾になるくらい防御力もあるが、狭い場所には入って行けない上、裏側にある青く光る部分は極端に弱いので、歩兵と戦車をうまく使い分ける事も重要です。

今作も大量に志願兵がいて、相性や個々の特徴である「ポテンシャル」が存在しています。じっくり考えながら編成してみましょう。

このキャラクターが一番気になる・・・

「CANVAS」とは

スクリーンショットを見て分かる通り、このアニメーションのイラストようなグラフィックを「CANVAS」といいます。

水彩イラストのような質感
動きます

まとめ

現在4章に入ったところです。チュートリアルもそろそろ終わる頃でしょうか。

擲弾兵

今作から新しく追加された兵科の「擲弾兵(てきだんへい)」ですが、戦車の榴弾のように弧を描き着弾して爆発する武器を持つ兵科です。長距離に攻撃が可能で迎撃もできるが、移動が遅く攻撃準備に時間が掛かるところが欠点です。

敵戦車が存在しない時は、対戦車兵は必要ないですが、1作目よりもそれぞれの兵科の特徴を活かす戦略が重要になっている気がします。私の場合1作目は狙撃兵ばかり使っていましたが、今作ではそういうわけにもいかないです。まだ序盤なので言い切れませんけど。

個人的には1作目と変わらず楽しく遊べています。基本的な部分はそれほど変わらないので、これから登場するフィールドのギミックがどのように私を苦しめてくるのかで評価が決まりそうです。もちろん難しく何度も敗北し、長時間考え込むくらいのものの方が楽しく感じます。