昨晩の続きです。

PCを開けてみる – ブログノート

あれから数時間、どうにかしてBIOSの更新をするべく試行錯誤していました。電源が落ちる前に更新ができ、なんとか「120829S.exe(CPUEVO)」のインストール完了!

やった!

そして赤い栓を戻し、起動してBIOSを開くとこの画面が現れました。明らかに前回のBIOSとは違った設定画面です。

 

しかし、ここからが問題。「30528_W_63EAh」フォルダの中にある「afuwinguiP.exe」を実行すると参考にしていたブログの中身とは違うアプリケーションの画面が・・・

OPENはどこへ・・・

何度か起動して「OPEN」ボタンを探してみると表示されずに隠れていたみたいです。なんとかファイルを開き「Flash」ボタンを押すと怪しい画面へ・・・

挙動がおかしい

この状態でもインストール作業は完了し再起動しました。その後のBIOS設定画面は悲惨な状態です。

あっ・・・

ブラックアウト状態で再起動を繰り返しフリーズすることが何度もあり、Windowsの修復画面へ

この画面が現れて、少し安心してしまった・・・

問題の修復をせずにWindows10に戻ると通常に戻りました。たぶん戻ってない・・・

 

数分後、Amazonでセール中の「B75M-PLUS」とグリスの代わりになりそうな「高性能熱伝導シート」をポチっていました。

今はあの馬鹿でかいサイズのCPUクーラーがmicroATXのマザーボード内で他のパーツと干渉してしまわないか、それだけが心配です。