「二ノ国II レヴァナントキングダム」レビュー

「二ノ国II レヴァナントキングダム」レビュー

PlayStation4/PCで発売中のARPG「二ノ国II レヴァナントキングダム」約60時間プレイのネタバレなしレビューです。

ストーリー

国のトップを務めていたが、戦争を止められず核爆発直後に二ノ国に迷い込んだロウランと、王を殺され国を奪われたエバンが二ノ国の統一を目指すというストーリーです。世界観は前作を引き継いでいるようです。

全体的にサブクエストも含めて、やや子供向けの内容に感じました。はっきり覚えていませんが前作も大人向けでは無かったきがします。

戦闘システム

フィールドではシンボルエンカウントで、ダンジョン内ではシームレスに戦闘が始まります。前作の半分コマンド式戦闘とは違い完全にアクションになっています。

戦闘中のキャラクターはそれぞれ4つまで設定したスキルが使用可能です。通常攻撃を繰り返し、MPを貯めてここぞという時にスキルを使います。MPは5までしかありませんので、連続してスキルを使用することはあまりありません。

フニャやポンゴといった補助的なNPCがいたり、回復スキルを持つキャラクターもいますが、殆どはアイテムを使っての回復になります。戦闘中のアイテム使用に上限がありますので、回復し放題というわけでもありません。

ハードでクリアしましたが、レベル上げと装備を集めればそれほど難しくはありませんでした。しかし、レベルが低い相手でも即死することもありますので、ボスの動きをよく見ることが大事です。

キャラクター毎にそれぞれ特徴はありますが、個人的にはロールが定められていた方が良かったです。達成感もあまり感じることもなく、通常攻撃連打が多かったので、この戦闘はそれほど面白いとは思いませんでした。

進軍バトル

通常戦闘とは別に軍隊を組んで戦うシステムです。

殆どはサブクエストで行われますが、メインクエストにも絡んできますので、軍隊のレベルは上げておく必要はあります。

進軍バトルはミニゲーム感が強く、一戦が長時間のものもありますので、正直苦痛に感じる部分が多かったです。

王国の発展

キングダムモードでは王国の施設を増やしたりレベルを上げることができ、武具の作成、強化や魔法の研究、素材の収集など王国を大きくすることで、ゲーム攻略を全体的に有利に進めることができるようになります。

リアルの時間経過で施設の建設や研究などに必要な王国専用の通貨「KG」が貯まります。しかし、プレイ時間のみでしか貯まりません。基本無料の戦略シミュレーションゲームに近いものがあります。

王国民はサブクエストで集めることができます。100人近くいますので結構苦労します。時間を掛けて探しましたが、全ては集まりませんでした。コンプリートするには、攻略サイト等を見る必要があるかもしれません。

手動で王国民のランクアップをしなくてはいけません。簡単にランクアップできるキャラクターを選択できるわけでもありませんのでとても面倒に感じました。

まとめ

探索要素や収集要素はありますが、鍵が必要な宝箱やフニャを開放させるための石像がマップに表記されません。それならそれで、はじめに説明があればメモを取るのですが・・・

サブクエストも大量にありますが、どれも単調で同じような内容を繰り返すので退屈に感じてしまいました。作業が好きな方には丁度良いかもしれません。

何よりも一番気になったところはボイスの中途半端さでしょうか。メインストーリー進行中に急にボイスが消え、字幕だけになります。これはバグとかではなく、所々ボイスが実装されていないということです。

理想を言えばサブクエストであっても、ボイスを実装してほしかったですが、せめて大事なメインストーリー部分は実装されていないと、話の内容に集中できません。

「PlayStation Experience 2015」にて発表されたタイトルですので、もう少しプレイヤーの年齢層は高めに作られてると思っていましたが、ストーリーも難易度も全体的には対象年齢は低く設定されていると感じました。