「Horizon Zero Dawn Complete Edition」レビュー

「Horizon Zero Dawn Complete Edition」レビュー

PlayStation4にて発売中のオープンワールドARPG「Horizon Zero Dawn Complete Edition」のネタバレなしのレビューです。プレイ時間は約72時間でDLCの凍てついた大地もプレイしました。「Horizon Zero Dawn」の部分はトロフィーコンプリート済みです。

ストーリー

主人公のアーロイは幼少期に偶然、旧時代のテクノロジーに触れる。それが根源となり、様々な事に巻き込まれ、アーロイは機械獣が生息している世界を駆け巡り、世界が崩壊した謎を解き明かしていきます。

オープンワールドのゲームにしては、ストーリーはわかりやすく、サブクエストも多すぎることもないので、全体的に上手くまとまってる印象でした。

美麗なグラフィック

「KILLZONE」で知られるゲリラゲームズが制作したため、とにかくグラフィックが綺麗で、世界観にどっぷり浸かることができます。

フォトモードではUIを消して、自分の好きな角度から撮影できます。スクリーンショットは通常のPS4のものですが、Proでは4Kに対応しています。

KILLZONE® SHADOW FALL

 

機械獣との戦闘

様々な特性を持つ複数の武器を使い分け機械獣を攻略します。機械獣は部位を破壊することで弱点が現れたり、特殊な武器を落とします。

武器には部位破壊がしやすいものや、機械獣を凍らせたり炎上させたりするものも存在します。機械獣が部位破壊で落とす武器は、一時的に使えるものですが強力です!

他のゲームでは結局最後まで使わない武器があったりしますが、Horizonでは武器ごとにチュートリアルクエストが備わっていますので、武器の特性をしっかり理解でき機械獣との戦闘を有利に進めることができます。

機械獣をオーバーライドすることにより、共に戦ったり乗り物にすることが可能です。急に襲いかかってくる敵が多いので、広いフィールドの移動手段として有効です。※一度訪れたポイントはファストトラベルが可能。その他にも武器の改造やスキルの強化もできますので、攻略の幅も広がります。

まとめ

オープンワールドのゲームによくあるシステムとして、収集したりビューポイントなどがあります。ワールドはそこそこ広いですが、他と比べるとそこまで大きくはないかもしれません。トロフィーコンプリートをする前に飽きてしまったりするのであれば、このくらいが丁度良いかと思います。

気になる部分としては魚や動物は生身ですが、動きが機械的に見えてしまうところと、浅瀬なのにアーロイが全力で泳いでいるところは不自然に感じました。

個人的にはPS4を持っているなら必ずプレイしておきたいソフトのひとつに入ります。時折PlayStationStoreにてセールが行われていますので、ぜひプレイしてみてください。

プレイステーション公式 期間限定のセールやキャンペーン開催中!