FINAL FANTASY XIV #3

FINAL FANTASY XIV #3

Twitch Primeにて無料配布中の「ファイナルファンタジーXIV スターターパック」をプレイ中です。無料配布期間は2019年2月4日から5月3日までです。※ネタバレを含む場合があります。

 Amazonプライム

概要

ジャンル:MMORPG

開発・販売:SQUARE ENIX

プラットフォーム:PlayStation4 / PC

価格:¥ 2,376~

第七星暦ストーリークリア

新生エオルゼアから続くメインストーリーです。「ファイナルファンタジーXIV スターターパック」では、この第七星暦ストーリーの終了までストーリー進行可能です。

前回よりもイベントシーンが多めで、ストーリー部分が厚みを増したように思いました。しかし、クエストでプレイヤーがやることはあまり変わらなかったです。

コンテンツファインダーからのパーティー募集

コンテンツファインダーでは同じコンテンツに参加希望の方同士を自動的にマッチングする機能がありますが、コンテンツや時間帯によっては一時間近く待たされる事がありました。

それでもマッチングしなかったので、パーティー募集を使ってみたのですが、使い勝手が悪く感じました。はっきり言ってしまうとモンハンワールドのように、もっと簡潔にコンテンツに参加できるようになれば嬉しいです。

予習はもうしない!

何度か予習を行ってからコンテンツに参加していましたが、全く面白みも達成感もないので、予習はやめました。兎に角、敵と味方の動きをよく見て学習です。何度も死んでいるので自分がヒーラーだった場合は全滅するかもしれません。

クリスタルタワーでは人数が多くて何やってるかわからない状態ですけど、大人数コンテンツに関わらずNPCとダンジョンに入って、ギミックやモンスターの攻撃パターンを覚えたいところです。現在では一部のダンジョンでNPCと共闘できるようです。

ということで、グランドカンパニーの階級を上げ、冒険者小隊を結成しました。NPCをダンジョンに連れていけるようになるまで、数日掛かりそうです。

まとめ

第七星暦ストーリーを終えて、蒼天のイシュガルドへ突入しました。この時点で吟遊詩人のレベルが54です。紅蓮のリベレーターを導入する際は、経験値はもったいないかもしれませんが、イシュガルドのメインストーリーが終了してからインストールしたいと思います。前回のレベルキャップから始める方が楽しくプレイできるのかなと・・・

イシュガルドが舞台ということで、Skyrimのように雪景色しかないのかと思っていましたが、緑が生い茂ったエリアもありました。

ストーリーの展開も気になるところですので、世界観と共に楽しみたいと思います。