「Dreams Universe アーリーアクセス版」の 感想です。背景グラフィックの作成について、ほぼ箇条書きにしてまとめてみました。

概要

ジャンル:ゲームクリエイティブプラットフォーム

開発・販売:Media Molecule / SIE

プラットフォーム:PlayStation4

要望

  • 常に画面の中心で作業できるように補正できないものでしょうか。

集中していると、いつの間にか画面の端っこで作業している時がよくあります。

  • エディットしたシェイプをすぐに呼び出せるように、シェイプの形状をいくつか登録できるようにしてほしい。
  • シェイプの形状のバリエーションを増やしてほしい。
  • シェイプのカーブの形状のバリエーションを増やしてほしい。
  • シェイプのエディット時、長さだけではなく、点や辺を動かして形を変えたい。

  • テクスチャのバリエーションを増やしてほしい。
  • テクスチャ自体を自分で作れるようにしてほしい。
  • ゲームによくあるキャラクターエディットツールがほしい。

Poserのようにパラメーターを動かして、等身や部分の長さや太さを変更できる方がよりゲームらしいかと思います。

  • 川や海などの海辺を作れるツールがほしい。
  • 天候や時間の経過を簡単に設定できるようにしてほしい。
  • 空のテクスチャの大きさの変更をできるようにしてほしい。

個人的には背景を作ってただ眺めているだけでも楽しいので、その中に時間の経過で天候や明るさが変わるシステムを簡単に取り入れられると嬉しいです。

まとめ

indreams.me にて、アップデート内容の確認ができます。日本語にすると省略されているので詳しい内容はわかりません。なので気のせいかもしれませんが、アップデートでジャイロセンサーの傾き加減が制御さたように感じました。以前よりも操作しやすくなったと思います。更に「スタンド」や「キッチリ移動」、「グリッド機能」を活用することで、もっと操作しやすくなるはずです。

あとはもう少し作業中の動作が軽くなると助かります。